株式会社設立時の費用

Pocket

法人として株式会社設立する費用の中に、法定費用があります。株式会社の設立にかかる法定費用は242,000円となっています。これは役所に支払う費用で、どのような形態の会社を作る場合であっても必要なお金です。会社設立の手続きは自分で行うこともできるのですが、代行してもらう場合には代行のための手数料が必要になります。

会社設立また、会社を運営するためには印鑑が必要になってきますので、印鑑を新たに作ることも必要です。印鑑も高級なものを作成するとそれなりの費用が必要になってきます。また、会社設立に当たっての代行を依頼する時には確かに手数料は必要になりますが、これまで何度も会社設立の代行を行ってきた方であれば、あれこれと会社設立についてのノウハウを問い合わせることもできますので、その分は大きなメリットになります。

昔は一定の資本金がなければ会社設立を行うことができませんでしたが、現在では1円からでも会社を設立することができるようになっています。また、資本金は会社を設立した後に増やすことも可能ですから、設立の際には無理のない金額に設定しておくことがお勧めです。また、資本金が1,000万円を超えてしまうと起業後の税金に違いが出てきますので、はじめから高い資本金を設定する必要もありません。会社設立の代行を依頼している場合には、書類の作成の代行に加えてどのくらいの資本金にするのが妥当であるのかについても相談してみるといいでしょう。

合同会社設立

admin