会社設立の維持

Pocket

会議室会社設定を行う際の費用だけを気にしてしまうのは禁物です。会社を運営していくにはオフィスが必要になります。自宅などをオフィスにするのであれば問題ありませんが、借りる際にはレンタル費用が発生します。

レンタルするにあたっては、敷金や礼金が必要になる事が多いため、その費用もあらかじめ計上しておくことが求められます。しかも、オフィスにはパソコンやデスク、電話なども必要になりますので、それを導入するための費用も考慮しておきましょう。また、文具などの消耗品も用意しなくてはなりません。会社の存在を知ってもらうための宣伝費用も必要になってきます。名刺やHPなどを作っていくことも同時にやらなければなりません。

これだけを考えておけば会社を運営していくことができるという訳ではありません。会社を運営するためのランニングコストも必要になります。なぜならば、最初から利益が出るという保証はないからです。一般的には500万円程の資金が会社設立と運営には必要だとされています。もちろん、会社の規模を大きくするとそれだけ多くの費用が必要になってきます。まずは自分の予算と会社の規模をマッチさせることからスタートしてみるといいでしょう。

admin